加賀友禅作家 由水十久の魅力

加賀友禅作家 由水十久 その魅力とは

加賀友禅作家由水十久

石川県金沢市の伝統工芸である、加賀友禅。
加賀友禅は、古典や自然をモチーフとした絵画調の文様の着物で、古代紫色や藍色、草色などの加賀五彩を基調とした色鮮やかな色彩が特徴です。
加賀友禅は友禅を施す作家によって、作品の雰囲気が全く異なります。
その為、加賀友禅を購入する際には作家一人ひとりの持つ特色を把握しておくことがおすすめです。

ここでは、加賀友禅作家の1人である由水十久の着物の特色についてご説明いたしましょう。

可愛らしい童子の文様

由水十久の着物の一番の特徴は、可愛らしい童子の文様です。
そもそも、友禅の長い歴史の中では人物をモチーフにした文様というものはあまり多くありませんでした。
あったとしても、浮世絵の生々しい絵柄がそのまま写されていたり、景色の中に小さく紛れていたりする作品ばかりだったそうです。

初代由水十久は、このような友禅作品における人物モチーフの造形を整理し、友禅にピッタリな様式化を成功させました。

由水十久は、童子文様以外にもさまざまな人物モチーフの友禅を作ってきましたが、童子文様の人気が高まり、注文が増えていくにつれて「童子文様作家の由水十久」として名が知られるようになったそうです。

こだわり抜かれた着姿とデッサン

由水十久の着物は、正面から見ても後ろから見ても、右から見ても左から見ても綺麗に見える作りとなっています。
着物の見え方の最終的な目的地は着姿だと考える由水十久は、下絵の段階で着物をスタッフに着せ、角度の調節を行っているそうです。
そのような細かい調整を行うことで、360度どこから見ても隙のない着物を作っています。
また、人物のデッサンに強いこだわりを持つ由水十久は、動きがある人物を書けるようにと自らをモデルにしながら下絵を細かく細かく書いていきます。

繊細で柔らかな構図・文様は、このようなこだわりの積み重ねで作られていくのです。

ストーリーを感じることができる着物

作品一つ一つにストーリーを持たせる由水十久は、その時代の社会の中で一番興味を惹いたものをテーマにし、着物作りを行います。
その為、由水十久の着物を着る方は、着ていく場や目的によって着物の持つストーリーを活かすことができるのです。
由水十久は、加賀友禅の作家の中でも独自の特色を持った作家だと言えるでしょう。

人とは被らない着物を着たい、どこから見ても美しい着物が着たい、という方は、是非由水十久の着物をお選びください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です