大島紬とは。大島紬の魅力に迫る!

大島紬

大島紬は、奄美群島で生産されている着物の生地です。
泥染めしたものを手織りした、平織りの絹布で、着物の生地としては最も高級なものの一つとなっています。

 

大島紬とは?

大島紬は、奄美群島の本場大島紬協同組合の組合員により生産されています。

経済産業省の伝統工芸品として指定されています。

絹100%で、先染め、手織り、独特の色合いがきれいです。
軽くて暖かく、着崩れしないと言われていて、着込めば着こむほど、肌に馴染んできます。

 

大島紬の歴史

奄美大島は、奈良時代に編纂された、最古の歴史書といわれる『日本書紀』にも、「海見嶋」「阿麻弥」として登場するというくらい、歴史が古いのだそうです。

平安時代の歴史書『続日本紀』には、「奄美」の名前がハッキリ登場するのだとのこと。

奄美は大陸に近かったからでしょう、出土品などにより、弥生時代には、すでに養蚕や機織りが行われていたようです。

それが江戸時代になり、大島紬が奄美の特産品となる道を歩み始めます。

薩摩藩の藩制下に置かれた奄美大島は、「芭蕉布」と呼ばれる、イトバショウの木の繊維を織り上げた布を、貢物として薩摩藩に収めるようになりました。

それが、徐々に紬を織るようになっていきます。

初めはテーチ木などの草木染めが行われており、柄は無地や縞、格子などの、シンプルなものでした。
それが明治になると、現在の泥染めが行われるようになります。

同時に、江戸時代は薩摩藩への献上品だったものが、商品として取引されるようになりました。
大島紬は大きな人気を呼ぶようになり、現在へと至ることになります。

 

大島紬の分類

大島紬を分類するには、

地色
経糸の密度

の2つの方法があります。

地色による分類

泥大島

大島紬の最も代表的な地色で、テーチ木と泥によって染めています。

泥藍大島

大島紬には、絣の技術が導入されています。
泥藍大島は、藍で染めた絣糸を、テーチ木と泥で染めたものです。

白大島

染料をまったく使わず、白いままのもの。

草木泥染大島

テーチ木以外の草木と、泥で染めたものです。

色大島

化学染料で染めたもの。

 

縦糸の密度による分類

縦絣糸の本数を、「マルキ」という単位で表します。
1マルキは縦絣糸が80本で、本数が多いほど、柄が細かく、精密になります。

大島紬は、

5マルキ
7マルキ
9マルキ
12マルキ

の4種類があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です