更新日:2018年8月29日 |
 
 

上手に着こなそう!サイズが小さめのアンティーク着物

小さなサイズの着物を着こなし、和装のオシャレを

可愛らしいアンティークの着物を手に入れたは良いけれど、自分のサイズに合わずになかなか着れずにいる、という方もいらっしゃるでしょう。
サイズが大きいのであれば、おはしょりを長くしたりお直しをしたりで対処をすることができますが、サイズが小さければどうして良いかわからないものです。

ここでは、サイズの小さいアンティーク着物を上手に着こなす方法をご紹介いたします。
着こなしの方法を知り、サイズが小さくて眠らせていた着物たちで和装のオシャレを楽しみましょう。

広衿の折り方を工夫して布を落とす

サイズの小さい着物を上手に着こなすには、衿が重要です。

着物の衿には広衿とバチ衿というものがあります。

広衿は着物を着るときに好みの衿の大きさに調節できるもので、バチ衿は元々折った状態で仕立てられているものです。
持っているアンティークの着物が、衿を自分で調節することができる広衿ならば、多少サイズが小さくとも上手に着こなすことができます。

サイズがピッタリの着物であれば、広衿を半分に折って着付けをしていくのですが、サイズが小さい着物は、衿の折り幅を半分以下にし、なめらかに無理の無いように広げて行きましょう。

そうすることにより、袖の方に布が落ちます。

半襟をたっぷり目に出すことがポイント

サイズがピッタリな着物を着る際は、半襟を1.5センチ程度出すようにと言われますが、サイズが小さな着物を着る際は、半襟も思い切ってたっぷり目に出すことがポイントです。

半襟を長めに出し、広衿を少なめに折る、これだけで丈を長くすることができます。
また、着物を着る時期が涼しい時期であれば、下に襟を重ねてさらに衿合わせを広くとるということも可能です。

重ねることにより、和装のオシャレをより際立たせることができるでしょう。

汚くならないように全体図を確認する

この方法は、衿を狭く折ることで布の余りを出し、その分丈を長くするという方法です。
丈を長くすることはできても、どこかしらに無理が生じる方法ですので「綺麗に完璧に着物が着たい!」という方には、おすすめできません。
また、不自然に肩部分の布を広げすぎると、波状のラインができて汚くなってしまうので、注意をしましょう。

全体図を確認しながら少しずつ調整していくことが大事です。
上手な着こなしの方法を練習し、小さなサイズのアンティーク着物も美しく着こなしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です