着物の保管方法 | 桐ダンスが良いワケは?

着物を収納する時は桐の箪笥が良いといわれています。
しかし、なぜ桐箪笥が良いといわれているのでしょう。
それは、桐という素材にポイントがあります。

桐は着物の大敵、「湿気」を寄せ付けないという特徴があります。

湿気はカビを発生させ、どんなに高価な着物でもダメにさせてしまう大敵です。

カビのほかにも、錆も発生させます。

コートのボタンなど金具のところも錆させ、衣類の収納には湿気は気にすべきポイントなのです。

しかし、昨今ではなかなか自宅に桐箪笥がある家庭が少なくなってきています。

もちろん、洋服タンスでも保管は出来ます。

少しの注意が必要ですが、大切な着物を綺麗に収納できます。

洋服タンスは桐箪笥とは違い、湿気がこもりやすいので、晴れた日には扉を少し開けて換気をしましょう。
風を通すことにより、湿気は減ります。

そして、年に2回ほど、乾燥して天気の良い日に洋服タンスから出して、虫干しをしましょう。

虫干しすることにより、着物の湿気を飛ばし乾燥した空気を着物に入れます。
着物用のハンガーを使用し着物を吊るし、直射日光を当てないように陰干しして、夕方までにはしまうようにしてください。

夜になると湿気を吸うことになるので気を付けましょう。

大切な着物をいつまでも長く切れるように大切に保管し着てあげてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です