ウールや化繊の着物は買取可能なのか?着物の買取業者も紹介!

ウールや木綿、化繊の着物は買取可能?

 

生地によって値段が変わる

着物に使われている生地の素材には、色々な種類があります。
一般的な素材としては、「正絹」、「麻」、「木綿」、「ウール」、「化繊」です。

この中で着物買取の際に最も高値で取り引きされるのが「正絹」です。

正絹とは字の通り、絹だけでつくられた糸のことで、とても貴重で高価です。そのため、正絹でつくられた着物はとても価値が高く、高値で取り引きされます。
正絹の次に高値で取り引きされるのが、木綿や麻でつくられた着物です。

ウールや化繊の場合は高値で取り引きされることは少ないですが、状態が綺麗であればそれなりの金額で買い取ってもらうことが出来ます

 

ウールや化繊は買い取ってもらえない場合もある

ウールや化繊でつくられた着物を売る場合、注意しなくてはいけないことがあります。
お店によって、ウールや化繊の着物は買取対象外になっていることがあります。その場合は、せっかく査定に出したのに断られてしまうことになりますので、査定に出す前にウールや化繊の着物を買い取ってくれるかどうか調べてみるのがおすすめです。

買い取り対象製品はお店のホームページに記載されている場合が多いですが、わからない場合は直接電話で問い合わせてみましょう。

 

流行が査定額を左右する?

ウールや化繊でつくられた着物の場合、高値で買い取ってもらうことは難しいですが、デザイン性が高かったり、流行性が高い着物の場合は、通常よりも高く買い取ってもらえる場合があります。
そのため、使わない着物を何年もタンスに眠らせているのではなく、なるべく早めに着物買取に出した方が良いでしょう。

伝統工芸品などの場合は流行などはあまり関係なく査定してもらえますが、ウールや化繊の場合は流行によって査定額も異なってきますので、流行が過ぎる前に買い取ってもらうようにしましょう。

 

まずは査定に出してみよう

ウールや化繊の着物は買い取ってもらえない…と諦めるのではなく、まずは査定に出してみましょう。今は捨てるのにもお金がかかってしまう時代ですので、いくらかでも買い取ってもらえた方がメリットは多いです。
ウールや化繊の着物も買い取り対象にしているお店を探し、査定を依頼してみてくださいね。

 

おすすめ買取店

BUYSELL(バイセル):顧客満足度NO.1の実績



画像クリックで公式サイトが見れます

バイセルの公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です