月別アーカイブ: 2018年6月

着物を綺麗に着こなしたい!着こなしのコツや着物の基本情報

綺麗に着物を着るコツや基本情報

着付けの先生に教えてもらった綺麗に着物を着るコツや着こなし、髪型や化粧のタイミング、歩き方などについて詳しくご紹介します。

 

ヤセ型の人はタオルで補強

着物姿がカッコよく見えるには、ドラム缶のようなずん胴な形にすることです。バストが小さく痩せ型の人はタオルで補強します。

まずは肩まわり。タオルで作ったベストのようなものを胸に当てます。
それがない場合も、胸から肩にかけて、Vの字になるようにタオルを置くと体形を補強できます。

また腰回りが薄い方は、タオルを何枚か巻くことによって、ずん胴体型を作ります。
タオルを巻かないと帯が回りすぎてしまい格好よく着付けられません。

着物の場合、長襦袢という下着をつけるのですが、長襦袢も上に羽織る着物自体も、夏用の薄い生地のものがありますので、タオルなどを巻いて厚くなっても、熱を逃して涼しく過ごすことも可能です。

 

長襦袢

長襦袢もキレイに着ないと、着物を上に着たときに着崩れてしまいます。

長襦袢も前も後ろもシワがないようにピシッと着て、首の後ろの襟も拳一個分あけて抜く、襟元も狭すぎず、広すぎないVの字を作るようにします。

長襦袢を着る時からですが、着物をキレイに着るには、回数を重ねるのはもちろんのこと、落ち着いた気持ちで着ることが大事だと思います。

 

髪型やお化粧について

髪型をセットするときは、着物を着てからでは腕があがりづらいので、長襦袢を着た時点で。またお化粧も着物が汚れないように、この時点でするとよいでしょう。

 

足袋について

足袋を履くのも、着物を着てからでは着崩れてしまうのと、帯が邪魔になってとても履きづらいので、着物を着る前にしましょう。足袋を履くときは、留め具は下からつけていくと、上手に履くことができますよ。

 

着物の歩き方

着物を着ると歩きづらく、歩幅も小さく歩いたほうが行儀がいいように思われがちですが、細々と歩くより、ザッザッザっと歩幅を広くして歩いたほうが格好もいいです。

歩きやすくするには、着物を着たときに、シコを踏むような感じで股を広く開けて股割りのようなことをすると、ゆとりが出て歩きやすくなります。

もちろん、大股で歩くのはお行儀が悪いので、道に一本の線があると思って歩くと品が良く見えます。

 

食事の際の作法

あと、洋服と違って付いている振袖も邪魔になることが多いですよね。
食事をするときなど、御膳の遠くのものを取る時には、取る手の反対の手で振袖を抑えて取ると、品良く見えるし、袖が食事などにあたって汚れることもありません。

 

家事をするなら

家事などで水仕事をしたりするときには、両手が使えて袖が汚れないように、長い輪っかのゴム紐などを用意して背中でバッテンになるように振袖をたくし上げておくと、とても便利です。

着付けの前に“美姿勢”チェック!

着物姿の方って、とても美しいですよね。もちろん着物自体の色柄、形がきれいだということもありますが、それだけではありません。

何が一番美しいのかと言えば、それは姿勢です。着物を素敵に着こなしている方は、例外なく背筋をしゃんと伸ばして姿勢から美を意識されているのが分かります。

着物を着れば自然と姿勢が良くなると思われている方もいるかも知れませんがそれは間違いで、着付けの際にしっかりと自分で背筋を伸ばさなければ、猫背の方は背中が丸まった状態のまま帯で固定されてしまいます。

成人式の映像などをよく見ると、たまに猫背であごが前に出るような姿勢で着物を着ている方がいて、せっかくの記念の晴れ着なのにそんな状態で写真を撮ったりなさるのかと思うと、非常にもったいない気持ちで一杯になります。

着物は日本人の体型のために作られた形の服なので、ほんの少し姿勢を意識するだけで、誰でも抜群に美しく着られるポテンシャルを持っているのです。

着物を着たいという前向きな気持ちを最良の状態で昇華させるために、着付けの前には鏡に向かってぜひ美姿勢チェックを。

冠婚葬祭などの式典マナー

冠婚葬祭や様々な式典に出席する際に着物を着ようと思うと、正しいマナーを理解している人が身近にいないために迷ってしまうことがあります。

結婚式は主役との関係によって着る着物の格が変わります。

主役の親族(叔母・姉妹)であれば既婚なら五つ紋の黒留袖、未婚であれば振袖です。

ただ最近では黒留袖は着用者の年齢的に渋すぎる、とか振袖を着るのは厳しい、と言ったことを理由に三つ紋の色留袖を選ばれる方も多い様です。

留袖と言う着物は上半身には柄がなく、下半身に縫い目とは関わらずに繋がった一つの柄が描かれているものです。帯は袋帯を用います。

この親族の着物については地域差も大きいので、お互いの家に確認をし、他にも着物を着る人がいれば格が同じになる用に調整する必要があります。

主役の友人として出席する場合は訪問着が華やかで喜ばれます。

訪問着とは襟から肩、袖から身頃、裾全体の柄が縫い目に関わらず繋がったものです。袋帯を利用します。

訪問着の中には紬という生地ので仕立てられたものがありますが、それらは冠婚葬祭には使えないオシャレ着なので、注意が必要です。

着物の種類で詳しくご紹介していますのでこちらもご覧ください。

 

着物の保管方法 | 桐ダンスが良いワケは?

着物を収納する時は桐の箪笥が良いといわれています。
しかし、なぜ桐箪笥が良いといわれているのでしょう。
それは、桐という素材にポイントがあります。

桐は着物の大敵、「湿気」を寄せ付けないという特徴があります。

湿気はカビを発生させ、どんなに高価な着物でもダメにさせてしまう大敵です。

カビのほかにも、錆も発生させます。

コートのボタンなど金具のところも錆させ、衣類の収納には湿気は気にすべきポイントなのです。

しかし、昨今ではなかなか自宅に桐箪笥がある家庭が少なくなってきています。

もちろん、洋服タンスでも保管は出来ます。

少しの注意が必要ですが、大切な着物を綺麗に収納できます。

洋服タンスは桐箪笥とは違い、湿気がこもりやすいので、晴れた日には扉を少し開けて換気をしましょう。
風を通すことにより、湿気は減ります。

そして、年に2回ほど、乾燥して天気の良い日に洋服タンスから出して、虫干しをしましょう。

虫干しすることにより、着物の湿気を飛ばし乾燥した空気を着物に入れます。
着物用のハンガーを使用し着物を吊るし、直射日光を当てないように陰干しして、夕方までにはしまうようにしてください。

夜になると湿気を吸うことになるので気を付けましょう。

大切な着物をいつまでも長く切れるように大切に保管し着てあげてください。