京都伝統工芸」タグアーカイブ

西陣御召(にしじんおめし)の買取り相場はいくら?

西陣御召の買取り相場はオークションではいくらなの?

西陣御召の着物を売る事を検討しているのならまずは買取り相場を調べてみましょう。
気軽に利用できるネットオークションで西陣御召を売るケースだと、平均25,000円程度で買取りされています。
中古の最高値は菱屋六右衛門の道行で48,000円で売ることができています。
逆に最安値は100円からありますので、価格の幅が非常に広いです。
もちろんこれらの価格は目安に過ぎません。

西陣御召を高値で売るのなら、やはり着物への造詣の深い着物買取り店が安心です。

店は無料査定をしてくれるので、提示額に満足なら売ることを考えてみましょう。

西陣御召の特徴を徹底解説

西陣御召は、京都府の西陣地域で生産されている先染め織物のことを言います。
先練りや先染めの糸を用いた絹織物であり、織物特有の細かなちぢれである「しぼ」を生み出す御召緯を使用しているのが特徴です。

御召とは11代将軍である徳川家斉が好んで着用したことから「将軍様の御召し物」ということで、この名が付けられるようになりました。
正式名称は「御召縮緬」と言われていますが通常の縮緬とは異なり、先練りの織物で織る前に精錬を行ってから糸を染めるという特殊な手法を採用しています。
中でも本物の西陣御召は糸使いに「御召ぬき」という強撚糸を使用しており、この手法で織り上げることによって静電気がおきにくく、裾さばきが良いという特徴も見られます。
そのため、肌にまとわりついたり絡んだりせず、着心地の良い着物で親しまれるようになりました。

また、「しぼ」の美しさや凹凸感のある生地、光の屈折具合によって深みのある色合いを表現してくれることから着物業界の中でも上級な着物と位置付けられています。

御召は格式高い織物であり、江戸時代は礼装に用いられることもありました。

ですから今でも略礼装として着用される場面も多く、パーティーやお茶席、食事会などの場で着用されることも珍しくありません。
どこかはんなりとした京都ならではの魅力も兼ね備えているので、パーティーやお茶席などにピッタリな着物でもあります。

熟練技を持つ職人たちによる手間とたくさんの工程を経て西陣御召が織り上げられることから、2007年3月には地域団体商標に登録されました。

西陣御召を高値で売るコツ

西陣御召をタンスに保管してある場合は、湿気の心配もあるので一度タンスから出して状態を確認してみてください。
また、「御召緯の証」がついている着物は、1mにつき2,000~3,000回の撚りをかけた糸を使用している織物のみについている証紙です。
この証紙は京都市撚糸工業組合から発行されたもので、最高級御召緯糸を使用した印でもあります。
手元にこのような証紙が残っている場合は、着物を売る際にいっしょに出すのが良いでしょう。

西陣御召を高値で売るのは買い手選びも重要です。
着物買取り店なら着物への深い知識をもとに鑑定してくれるのでおすすめです。

西陣御召を買取りしてくれる店はこちら

宅配買取りや訪問による査定にも対応しているのも人気の秘密です。

京友禅松井青々の魅力に迫る!

京友禅の第一人者、松井青々 その魅力とは

京友禅の第一人者松井青々

京都の伝統工芸の1つに、京友禅というものがあります。
京友禅とは、元禄時代に生まれた京都発祥の模様染めの技法で、白い絹の織物に扇絵師の宮崎友禅斎の絵を文様として描き、鴨川の水にさらして作ったのが始まりでした。

京友禅の着物は、黄色や朱色をベースにさまざまな色彩で染められます。
文様は草花をモチーフとしたものが多く、京都特有の“はんなり”とした美しさを感じさせる着物が人気です。
友禅染のルーツである京友禅。そんな京友禅の第一人者に松井青々という着物作家がいます。
ここでは、松井青々の着物の特徴についてご説明いたしましょう。

 

タタキ染めの技法と豪華絢爛な草花の文様

松井青々の着物の特徴と言えば、タタキ染めの技法ではないでしょうか。

タタキ染めとは、植物の色素で布を染める草木染めの1つです。
他の技法では出すことのできない、独特な色合いを染め出します。
着物の地の色にタタキ染めで色を付け、その上から豪華絢爛な菊や松竹梅の文様を描いた着物は、松井青々の作品の中でも大変人気です。
その美しさと人気の高さから“青々調”という模造品が作られ、出回っています。

京友禅のあらゆる技術を取り入れ作られる松井青々の作品は、多くの着物作家に影響を与えたのです。

 

着物作りの工程を一括して行う青々工房

松竹梅や菊などの草花をモチーフとした文様を得意とする松井青々は、文様の構図と配色にも特徴があります。
斬新且つ繊細な構図と配置で、着物を360度どこから見ても美しく魅せるのです。

そんな松井青々の着物工房、青々工房は、着物作りにおける工程を全て工房内で一括して行っています。
着物作りの工程が大変多い京友禅は、工程を分業して行う着物工房が多いです。

そんな工房が多い中、全ての工程を一括して行っているという工房は、京都の中でも数件しかありません。
着物作りの全ての工程を松井青々自身の鋭い目で確認しながら行うことで、素晴らしい作品を作ることができるのです。

 

代によって魅力が異なる青々の着物

松井青々の着物は、その着物を作った代によっても作品の雰囲気が異なります。
ベースとなるタタキ染めや豪華絢爛な草花の文様は変わることはありませんが、初代、二代目、三代目でそれぞれ魅力が異なるのです。

松井青々の着物を着用する際には、何代目の松井青々の作品なのか、ということにも注目をしてみましょう。
松井青々は、京友禅を語る上で決して外すことのできない着物作家です。
京友禅の第一人者、そして京都の伝統工芸士である松井青々の着物を是非一度お試しください。