加賀友禅」タグアーカイブ

 

着物作家羽田登喜男の魅力

着物作家羽田登喜男の魅力とは

着物作家羽田登喜男

友禅にはさまざまな種類があり、中でも石川県の伝統工芸である加賀友禅と京都府の伝統工芸である京友禅は、着物を好きな方々の中でも大変人気のある友禅着物です。

加賀友禅は、加賀五彩を色彩の基調に絵画調の文様が描かれた着物で、虫食いや先ぼかしなどの独自の技法が用いられることが特徴となります。

京友禅は、黄色や朱系の色彩を基調に草や花の文様が描かれた着物で、仕上げに刺繍や金箔加工などの技法が用いられることが特徴です。

そんな加賀友禅と京友禅の両の技法を用いる、羽田登喜男という着物作家がいます。
ここでは、羽田登喜男の作る着物の特色についてご説明していきましょう。

 

加賀友禅と京友禅の融合体、羽田友禅

羽田登喜男の着物の特徴は、加賀友禅と京友禅の2つの技術を合わせて作る独自性です。
金沢が出身地である羽田登喜男は、1925年に南野耕月師に入門をし、加賀友禅の技術を学び、その後京都へと渡り、1931年に曲子光峰師に入門し、京友禅の技術を学びました。

2つの友禅の技術から生み出された“羽田友禅”は、加賀友禅の写実的な文様の技術と京友禅の幾度とも重ねられる複雑な工程を合わせた着物です。
作業の手間を惜しまず、細かなところにまで気を配られた羽田友禅の着物は、目を見張るような美しさがあります。

 

鴛鴦モチーフの羽田作品

京都の庭園や自然をこよなく愛していた羽田登喜男は、着物の文様にも花鳥風月をよく描いていました。
中でも、鴛鴦をモチーフとした文様の着物の人気が高く、鴛鴦モチーフの着物は羽田登喜男の作品として広く知られています。

また、草や花を一面に豪快に優美に描いた文様の着物も、羽田登喜男の作品として有名です。
そんな羽田登喜男の羽田友禅は、故ダイアナ妃が京都府に訪れた際の献上品としても使われ、ダイアナ妃が羽田友禅を纏う美しい姿が全世界に放送されました。

 

2つの伝統工芸が合わさった新たな伝統工芸

加賀友禅と京友禅を融合させた独自の羽田友禅を生み出した羽田登喜男は、重要無形文化財保持者、所謂人間国宝の着物作家です。
色鮮やかな花鳥風月が描かれた羽田友禅は、凛とした女性の美しさを引き出す魅力があります。

 

加賀友禅作家 由水十久の魅力

加賀友禅作家 由水十久 その魅力とは

加賀友禅作家由水十久

石川県金沢市の伝統工芸である、加賀友禅。
加賀友禅は、古典や自然をモチーフとした絵画調の文様の着物で、古代紫色や藍色、草色などの加賀五彩を基調とした色鮮やかな色彩が特徴です。
加賀友禅は友禅を施す作家によって、作品の雰囲気が全く異なります。
その為、加賀友禅を購入する際には作家一人ひとりの持つ特色を把握しておくことがおすすめです。

ここでは、加賀友禅作家の1人である由水十久の着物の特色についてご説明いたしましょう。

可愛らしい童子の文様

由水十久の着物の一番の特徴は、可愛らしい童子の文様です。
そもそも、友禅の長い歴史の中では人物をモチーフにした文様というものはあまり多くありませんでした。
あったとしても、浮世絵の生々しい絵柄がそのまま写されていたり、景色の中に小さく紛れていたりする作品ばかりだったそうです。

初代由水十久は、このような友禅作品における人物モチーフの造形を整理し、友禅にピッタリな様式化を成功させました。

由水十久は、童子文様以外にもさまざまな人物モチーフの友禅を作ってきましたが、童子文様の人気が高まり、注文が増えていくにつれて「童子文様作家の由水十久」として名が知られるようになったそうです。

こだわり抜かれた着姿とデッサン

由水十久の着物は、正面から見ても後ろから見ても、右から見ても左から見ても綺麗に見える作りとなっています。
着物の見え方の最終的な目的地は着姿だと考える由水十久は、下絵の段階で着物をスタッフに着せ、角度の調節を行っているそうです。
そのような細かい調整を行うことで、360度どこから見ても隙のない着物を作っています。
また、人物のデッサンに強いこだわりを持つ由水十久は、動きがある人物を書けるようにと自らをモデルにしながら下絵を細かく細かく書いていきます。

繊細で柔らかな構図・文様は、このようなこだわりの積み重ねで作られていくのです。

ストーリーを感じることができる着物

作品一つ一つにストーリーを持たせる由水十久は、その時代の社会の中で一番興味を惹いたものをテーマにし、着物作りを行います。
その為、由水十久の着物を着る方は、着ていく場や目的によって着物の持つストーリーを活かすことができるのです。
由水十久は、加賀友禅の作家の中でも独自の特色を持った作家だと言えるでしょう。

人とは被らない着物を着たい、どこから見ても美しい着物が着たい、という方は、是非由水十久の着物をお選びください。

 

【石川県 編】着物を高く売るならココ!厳選おすすめ着物買取店

石川県で着物を少しでも高く売りたいあなたへ!

着物を売りたい!
しかし、どこにお願いすればいいのだろう・・・。

着物を売りたいと考えている方が初めにぶち当たる壁は─

どの買取店にお願いすべきか、というところではないでしょうか。

近隣の買取店、リサイクルショップや質屋。
今ではフリマアプリやネットオークションなど、物を売るというところでは様々な選択肢が存在しています。

しかし、上記の買取の仕方では実は着物は高く売れません。
ネットの買取店の方が着物は高く売れるのです。そして365日24時間受付をしているので、時間や日にちを気にせずあなたにあった時間帯で対応してくれます。

ではなぜ、ネットの買取店が近隣の買取店より高く買取ってくれるのでしょう?そして、石川県であなたのお住まいの地域ではどの買取店がいいのでしょうか。

今回は石川県で着物を一番高く買取ってくれる買取業者をご紹介いたします。そして、このサイトで紹介する、あなたに合った買取店を是非見つけ、ご利用してみてください

まずは、下記ボタンを押して、おすすめの着物買取店をご覧ください。

なぜ、上記お店がいいのかをご紹介していきます。

 

 

石川県のおすすめ安心、高価買取、着物買取店!

近隣の買取店で着物が高く売れない理由(ワケ)

近隣のリサイクルショップや買取店でなぜ着物が高く売れないのでしょう?
それはいたって簡単な理由です。

着物の専門知識を持った鑑定士がそこにはいないからです。

リサイクルショップや買取店は、数多くの商品を扱っています。
着物の知識を持ち合わせたスタッフがいるわけでもないので、ちゃんとした価格をつけることなくマニュアル通りの値段を付けられます。

着物はその時々により値段は左右されます。
もちろん流行り廃りのデザインや、その時の世俗で着物の値段も変化があります。

着物は生き物なのです。

しっかりと着物の知識を兼ね揃えた鑑定、査定ができる買取店を選びましょう!

 

着物買取で高く買取ってくれるのは?

では、どこが着物を高く買取ってくれるのか。

それは、ネット型の着物買取専門店です!

なぜネットの買取店が高く買取ってくれるのかというと、それは店舗を持たないからです。
店舗を持たないと、店舗固定維持費や管理コストがかからず、その余計なコストを削減でき、買取金額に還元されるのです。

なので、ネットの買取店は着物を高く買取ってくれるのです。

しかし、着物は高く買取ってくれるが、しっかりと着物を査定してくれるのか?
ちゃんと着物を見てくれるのか気になりますよね?

ネットの買取店も、しっかり選ばないと、押し買いやトラブルに巻き込まれることも未だにあります。
着物をしっかり見てくれて、安心して査定をお願いできる買取店をご紹介いたします。

 

おすすめの着物買取店はここだ!【石川県】

1位 バイセル

画像クリックで公式サイトが見れます
おすすめ度
満足価格!着物の買取【バイセル】

坂上忍氏のCMでおなじみ、スピード買取の【バイセル】は、大手着物買取店です。
着物を専門に査定をしているので、査定員の着物に関する知識は豊富です。
最短30分で訪問、即日査定、即日現金化とスピードはもちろん、熟練した査定員が揃っているので、バイセルはおすすめの買取店です。

相談、査定、キャンセル料無料!
最短30分で出張買取!(※地域にもよります)
買取後も安心!万全のアフターフォロー!クーリングオフもあり!
ネットで簡単申し込み!
365日24時間 査定申し込み受け付け中!

バイセルの関連記事 【必見】『BUYSELL(バイセル)』の人気の理由は?買取業者を調査!!
【不安解消】バイセルでの着物買取申し込みを徹底解明!!
【即日支払】早く現金化に!ニーズに合った着物買取業者の選び方

査定(無料)の問合せ

2位 買取プレミアム

画像クリックで公式サイトが見れます
おすすめ度
【買取プレミアム】

丁寧な査定といえば【買取プレミアム】ではないでしょうか。
着物を専門に買取っているので、査定員も着物に特化し研修も定期的に受けている査定員が揃っています。
特に女性査定員を指名できるので、女性の一人暮らしの人にも安心してお願いできる買取店となっています。

丁寧査定は買取プレミアム!
着物を専門的に見ているから安心して任せられる!
相談、査定、キャンセル料無料!
女性査定員指名で女性の人にも安心!
365日24時間 査定申し込み受け付け中!

買取プレミアムの関連記事 【必見】『買取プレミアム』の高価買取の理由は?買取業者を調査!!
【丁寧査定】着物を丁寧に査定!ニーズに合った着物買取業者の選び方

査定(無料)の問合せ

3位 ザ・ゴールド

画像クリックで公式サイトが見れます
おすすめ度
着物買取なら【ザ・ゴールド】

全国に直営店舗が79店舗!持込み査定も行っている【ザ・ゴールド】は、ネットの着物買取も充実しています。
着物だけではなく、和装小物や着物関連なども買取をしています。他社では断られたが、ザ・ゴールドでは買取ってもらえたなんてことも!

全国に79店舗の直営店舗を所有!(店舗一覧はこちら
着物関連の和装小物もOK!
ネット買取も充実!

ザ・ゴールドの関連記事 【必見】『THE GOLD(ザ・ゴールド)』が注目されている理由は?買取業者を調査!!

査定(無料)の問合せ

 

着物を売るなら、今です!!

昨今、不景気が続き、値段の張る新品の着物は中々手を出しにくい状況・・・
そこで注目されているのが中古の着物なのです。
その中でも珍しい柄や作家物、保存状態のいい良質な中古の着物は非常に需要があると言えます。
高価な品ほど自宅で眠っている場合が多く、著名作家の呉服や反物、本場の大島紬や本場結城紬といった希少と言われている紬、振袖や上布、加賀友禅などが該当します。

また、着物の中古市場にはサイズ感や珍しい柄といった点も重要が高まるポイントです。
例えば無名作家の小紋だとしても、珍しい柄やサイズ感ならば、高値になる可能性は十分あるといえます。
こういった品はなかなか市場に出回らないため、相場も高まっているのです。

ただ、着物は保存がとても難しく、袖を通すごとに手入れにしっかりと気を配らなければいけません。
誤ったメンテナンスや汚れがついたまま放置して時間が経つと、大切に整理し収納していたつもりでもケアしきれなかった染みやカビ等により、大切な着物の価値が落ちてしまいます

そのくらい着物はデリケートな衣類なのであなたの自宅のたんすにもう着ない着物があるなら、状態が良いうちに、そして、価値が高くなっている「今」、買取に出すことをおすすめします。

ランキング1位のバイセルに相談する

 

着物買取で【バイセル】が選ばれる理由

受付から訪問までは完全にシステム化

買取をお願いするのにまずはコールセンターに電話します。

そのコールセンターは現場査定員とバイセルの独自システムで連携し近くの査定員に支持を出しているいます。
なので、即日の申し込みや、急なスケジュール変更などにも対応、効率的に最短最速で自宅訪問が実現出来ているのです。

日本全国に査定員を配置

バイセルは全国各地に支店をもっています。本社は東京ですが、各都市部に支店を構えどの地域にも迅速に訪問ができるように査定スタッフが常駐しています。

安心安全のアフターフォローサービス

買取後も管理部門と電話で話せる機会があり、無理やり査定員に買われていないかなどのアフターコールがあります。
コンプライアンスに沿った契約が出来ているかなど、確認があります。
万が一、契約に不満があればそこでキャンセルすることが出来ます
もちろん、キャンセル料は取られません!完全無料です。

お客様相談室の連絡先はこちら。
0120-915-164
受付時間09:00〜19:00 (土日・祝日も電話受付しています) 携帯・スマホも対応
あくまでも契約上の相談になるので、査定依頼とは窓口が異なります
査定のご相談は下記ボタンからどうぞ。

売った着物は大切にしてくれる人のもとへ

他社では、まとめて市場などに卸される着物ですが、バイセルは自社で販売ルートを確立しています。
大手百貨店で催事を行ったり、自社の販売サイト【バイセルオンライン】を運営しているので、自分の着物を売った後も大切にしてくれる人の手元に行ってほしいと願う方にはバイセルでの売却をおすすめいたします。
着物好きで、大切にしてくれる人の下へ行き、また大事に着物を着てくれるのではないでしょうか。

 

気になるバイセルの評判・口コミ

私の母は家でも着物を着ているくらいに和服が好きだったのですが、約10年前に亡くなってしまいました。
これまでは形見だと思ってたくさんの着物をタンスの中に保存していましたが、彼女との結婚を機にこれらを売却することにしました。

訪問着や留袖のみならず、浴衣や反物など色々な種類があったのですがどれも満足のいく値段をつけてもらえてうれしかったです。
着物についてまったく知識がない私でも理解できるように、査定士がわかりやすい説明もしてくれました。

バイセルで実際に査定を受けるまでは、売却するか否かで迷っていたのですが思い切って査定依頼をして良かったです。
自宅に来てもらえるので移動をする必要もなく、とても助かりました。

着物はそのままタンスの中にしまっているので、着ることもなく主人と相談した結果、買取を思い切って依頼をすることにしました。
その時、着物買取専門店がいいかなと思ったのです。
買取額が高いと思ったのですが、なんとなく利用しずらい雰囲気がありました。
そのため、いつも別のもので依頼をしたことがあるバイセルにお願いをすることにしました。

その時、出張買取をしてもらったのです。
一つ一つ丁寧にみてくれたことで、買取をしてもらう方としてはそれだけでもとてもありがたかったです。
訪問着、振り袖等10点ほどで10000円でした。汚れているシミがついたものなどがあった中、その価格で買取してもらえたのはとても良かったと思っています。

私は若い頃作った訪問着と帯を買取に出しました。
「バイセル」は、訪問買取を行っていたことと、電話での応対が非常に丁寧だったので決めました。

他人が家までやってくるとのことで緊張しましたが、30歳前後の非常に若い男性スタッフだったので驚きました。
若くても着物に対する知識が深く、査定中は丈が短いことや縫い付けの特徴、素材のよしあしまでしっかりと指摘してくれました。

一つ一つ丁寧に説明してくれて、バッグなどのアクセサリーは直接マーケットに電話をして買取可能か問い合わせてくれました。
時間をかけてきっちり査定をして貰った結果、買取価格は1万円でした。

持ち帰る時にも丁寧に風呂敷に包んで持って行ってくれましたので、信頼できる業者というイメージでした。

バイセルさんに訪問着を3着、反物3つ買取してもらいました。
着物の買取って一部の超高級品しか値段が付かなくて後は100円とかの買取なのかなって思っていたんです。
しかし、バイセルさんは違いました。

一つ一つ丁寧に査定をしてもらえるので、着物の本当の価値の値段で買い取り額を決めてくれるんです。
私は出張査定で査定をしてもらったんですが、スタッフさんは清潔感があってとても話しやすかったです。

プロの目を持っていたし凄く良心的な対応だなと感じました。自宅に来て査定をしてもらえたので、手間が省けて凄く便利だなと感じました。
即金で貰えましたしバイセルさんに買取してもらって本当に良かったです。

 

着物買取の流れ

バイセルの申し込みから買取、現金化までの流れをわかりやすくイラストで紹介していますので、ご参考までにご覧ください。


 

石川県の着物買取のお店一覧表

どうしても持込査定をしたいという方の為に、店舗でも買取をしているお店を厳選しました。参考にしてみてください。

店名
住所
電話番号
骨董買取専科 石川県金沢市福久町ヲ119-1 0120-86-3445
着物買取り専門店 eigetsu 盈月 石川県金沢市古府2丁目27−3 0120-963-893
KIMONO・OFF 野々市若松店 石川県野々市市若松町21-1 076-246-5298
ジャムルK 石川県小松市大領町ロ61 0761-23-1968
越田商店 石川県金沢市森山2-1-32 076-252-6569
金沢花友禅 石川県金沢市窪5-626 076-241-0003
石川買取サービス ねこの手 石川県金沢市天神町1-4-47 076-255-6184
アンティーク 光りん 石川県金沢市百坂町ロ56-5 076-257-1588

石川県公安委員会 〒920-8575 石川県金沢市鞍月1丁目1番地

石川県の着物

石川県と言えば、三大友禅の「加賀友禅」が有名です。
国指定の伝統工芸品「加賀五彩」と呼ばれる臙脂・藍・黄土・草・古代紫の五色で構成される渋みのある色が大変特徴的です。
他にも、「牛首紬」や「能登上布」などもあります。

種類 概要
加賀友禅(かがゆうぜん) 石川県の金沢で染められている友禅染。京友禅や東京友禅とともに日本三大友禅の一つとされている。
加賀五彩という、藍、黄土、臙脂、緑、墨を基調色としており、京友禅では模様の内側から外側へぼかすことが多いのに対して、加賀友禅では模様の外側から内側へ向かって濃い色を薄い色にしていく「先ぼかし」や、木の葉などの模様に墨色の点で描く「虫食い」の表現が特徴的。
室町時代頃から行われていた梅染が加賀友禅の起源。
江戸初期には約200軒の紺屋があったといわれており、江戸中期から京都の友禅染の影響を受けて更に洗練されていった。
牛首紬(うしくびつむぎ) 石川県の白山山麓、旧白峰村牛首付近で生産されている紬。節の浮いた強くしっかりとした独特の質感をもつ、光沢のある生地が特徴。
一般的な紬は繭を真綿にしてから糸を紡ぐのに対し、牛首紬は玉繭を使い繭から糸を直接引き出す方法で糸を採る。
釘に引っ掛けても破れるどころか、釘を抜くほど丈夫といわれたことから「釘抜き紬」とも呼ばれた。
能登上布(のとじょうふ) 石川県の能登、羽咋地方で生産されている夏の麻織物。石川県の無形文化財。麻独特の通気性の良さや軽さに加えサラリとした肌触りがあり、細やかな絣模様が特徴。
古くから麻の栽培が盛んで崇神天皇の皇女によって麻織物の技術が伝えられたといわれている。
小松綸子(こまつりんず) 石川県小松市で生産されている絹織物。なめらかで光沢があるのが特徴。紋織を生かした綸子が生産されている。
古くから絹織物が生産されており、聖武天皇
 

石川県の対応エリア

金沢市 / 七尾市 / 小松市 / 輪島市 / 珠洲市 / 加賀市 / 羽咋市 / かほく市 / 白山市 / 能美市 / 野々市市 / 能美郡 / 河北郡 / 羽咋郡 / 鹿島郡 / 鳳珠郡