大正ロマン」タグアーカイブ

 

今注目のアンティーク着物。どんな着物なの?

人気のアンティーク着物!どんな種類の着物があるのか

女性に大人気のアンティーク着物

今人気のアンティーク着物にはどんなものがあるのでしょう。
まず、アンティーク着物と呼ばれるものは、昭和初期以前に作られた着物のことを言います。
中でも状態がいいものがアンティーク着物と呼ばれています。

特徴的な昭和モダンや大正ロマンといった柄の着物は、最近はレトロブームということもあり、女性から高い評価を受けています。
着物は通常古くなってしまうとその分取引額が下がってしまいますが、アンティーク着物は状態がいいものになると、高値で取引されることが多くなります。

 

大正ロマンの着物

大正ロマンとは、大正時代の雰囲気を表す文化や思想、芸術などを指す言葉です。
着物で言えば、大きい花柄や幾何学模様が施され、多様な色使いが特徴的です。
よく成人式や卒業式などで矢羽根柄の袴を着る方がいらっしゃいますが、この矢羽根柄も大正ロマンの着物に分類されます。

大正ロマンを代表するものでは、銘仙の着物があります。
銘仙は平織りの絹織物のことをいい、大正から昭和にかけて全国的に女性がよく着用されていました。
普通の着物の柄より、糸の紡ぎ方によって色の境界がぼやけるようにしており、より雰囲気が柔らかく、当時の女性たちのなかで流行になっていました。
今見ても古いと全く感じさせない奇抜なデザインのものが多く、当時の女性たちだけではなく、現代の女性たちをも魅了し続けています。

 

アンティーク着物はどれくらいの価値がある?

現代では素材の改良がなされており、化学繊維ながらも高級感漂う着物や小物も多いです。
アンティーク着物の場合、古くから伝わる製法や素材によって作られているため品質が落ちないものもあります。

著名な作家の着物であればそれなりに高額になりますし、さらに着物の産地が有名な京友禅や加賀友禅などの場合、全国的に高い評価を受けているため着物の価値も上がります。
他にも塩沢紬といった幻の紬やその土地だけで作られていたもの、模様が繊細で独特な大島紬などは状態が良ければ高額なものになるでしょう。

 

アンティーク着物をレンタルしているお店も

アンティーク着物はレトロブームということもありとても人気なので、手に入れたい方が多いと思います。
しかし保存状態が良いものでなければならないため絶対数が少なく、なかなか入手しづらいという点があります。

しかし、現在アンティーク着物などをレンタルをしているお店も多いため、成人式や七五三といったお祝いごとから、アンティーク着物を身につけ散歩を楽しみたい、写真撮影をしたいといった日常の気軽な場面で身につけることも出来ます。