玉那覇有公」タグアーカイブ

 

着物作家人間国宝 玉那覇有公 その魅力

着物作家人間国宝 玉那覇有公

伝統的な紅型の着物とその技法

沖縄県出身の着物作家「玉那覇有公(たまなは ゆうこう)」は、着物作家として人間国宝にも指定された人物です。

玉那覇有公の手掛ける着物は、紅型という染め方で着物を染めているという特徴があります。

紅型(びんがた)とは、沖縄県では伝統的な染め方であり、およそ13世紀の頃にはすでに存在していたと言われるものです。
紅型は、乾燥させて固めたルクジューと呼ばれる木綿豆腐を下敷きにして、そこに突き彫りして型紙にデザインを浮き上がらせます。

この型紙を着物の生地の上に置いて、防染糊と呼ばれる糊を塗っていき、着物の生地に糊で模様を付けます。
通常であれば複数の型紙を使うのですが、紅型の場合、この型紙一枚だけで着物に防染糊を塗っていきます。

塗り終わったら紅型特有の顔料を用いた色差しを行い、着物の美しさを引き立てるのです。

 

玉那覇有公が編み出した「二枚異型」とは

明朝時代は一般的と言われていた紅型の両面染めですが、これは非常に高度なテクニックであり、簡単には作ることができません。
玉那覇有公はその紅型の両面染めにおいて非常に高い技術力を持っており、その卓越した技術から新たに二枚異型と呼ばれる染色技法を開発しました。
この二枚異型は玉那覇有公の代名詞とも言えるものであり、一般的な染め方と異なり、デザインの違う二枚の型紙を重ねて染めます。
こうすることで着物の模様がより一層華やかになり、美しい着物に仕上がるのだと言います。

 

玉那覇有公の紅型の特徴

大自然に囲まれた沖縄県の石垣島にて生まれ育った玉那覇有公は、その自然の中から着物のデザインを創造しています。
そのため、玉那覇有公の着物の多くは植物をモチーフにした模様が多く、さらにそこに幾何学模様を合わせたデザインが多いです。
デザインそのものはしっかりと構成はするものの、その配色自体は玉那覇有公の遊び心が溢れており、桜なのに黄色や橙色というような、一般的には考えにくいような独特の色彩感覚を持っています。

しかしそのような色彩感覚があってこそ、より一層植物の美しさと、生き生きとしたところなどを表現できるのです。