着物のマナー」タグアーカイブ

これで着崩れ防止対策は完璧!おすすめコーリンベルト、ウエストベルト

着崩れの悩みを解決!おすすめコーリンベルト、ウエストベルト

着物初心者のうちは、着崩れしないようにするのはなかなか難しいもの。
着付けもまだ上手ではありませんし、着崩れしないための所作も身についていないからです。

そんな着物初心者におすすめなのが、コーリンベルトやウエストベルトといった、着崩れ防止グッズです。

これらを使えば、簡単に着崩れせずに着物を着ることができます。

 

 

コーリンベルト

コーリンベルトとは?

着物を着ると、特に初心者のうちは、衿が開いてしまうこともあります。
衿が開くとだらしなく見えますし、また初心者のうちはこれをうまく直すことが難しいですね。

コーリンベルトは、この衿の開きを防止するグッズです。
着物を着慣れている人なら誰でも知っているものですが、年に1回浴衣を着るくらいという人は、初めて聞くかもしれません。

ゴムバンドとクリップでできていて、これを体の後ろに回し、両側の衿の下の部分を固定するというものです。
コーリンベルトは帯の下に入りますので、もちろん外からは見えません。

胸元をとめて衿が開かないようにするものとして、胸紐がありますが、胸を強くしめると苦しくなってしまいます。
その点コーリンベルトはゴム製ですから、苦しくなることはありません。

コーリンベルトの使い方

まずは下前の衿先をコーリンベルトのクリップで止めます。
止める位置は身八つ口のちょっと下くらいです。
身八つ口からコーリンベルトを引き出して、後ろに回します。
ゴムの長さはゆるめに調整します。
その上で、コーリンベルトを前に回します。
前に来たベルトで上前の衿先を止めます。
位置が高すぎないように注意しましょう。

 
 

ウエストベルト

ウエストベルトとは?

ウエストベルトも、コーリンベルトと目的は同じで、衿が開かないようにするためにあります。
ただし違うのは、コーリンベルトが両側の衿先をクリップで止めるのに対し、ウエストベルトはゴムバンドを体に巻き付けるだけです。

そういう意味では、ウエストベルトは「胸紐のゴム版」という位置づけです。
ゴム製ですから、胸紐のように苦しくなることがありません。

ただし衿先を開かないようにする効果は、ウエストベルトよりコーリンベルトのほうが高いです。
両方を使用する必要はありませんので、どちらかを選ぶなら、コーリンベルトがおすすめです。

ウエストベルトの使い方

まずはウエストベルトの金具をゆるめ、自分の体のサイズにゴムの長さを調節します。
ウエストベルトは2重に巻きます。
着物の上前と下前を合わせてから、上前を抑えながらウエストベルトを2重に巻きます。
ベルトができる限り重ならないように、1重目と2重目とで少しずらして巻きましょう。
2重に巻いたら、体の前で金具を引っ掛けて固定します。

 
 

冠婚葬祭などの式典マナー

冠婚葬祭や様々な式典に出席する際に着物を着ようと思うと、正しいマナーを理解している人が身近にいないために迷ってしまうことがあります。

結婚式は主役との関係によって着る着物の格が変わります。

主役の親族(叔母・姉妹)であれば既婚なら五つ紋の黒留袖、未婚であれば振袖です。

ただ最近では黒留袖は着用者の年齢的に渋すぎる、とか振袖を着るのは厳しい、と言ったことを理由に三つ紋の色留袖を選ばれる方も多い様です。

留袖と言う着物は上半身には柄がなく、下半身に縫い目とは関わらずに繋がった一つの柄が描かれているものです。帯は袋帯を用います。

この親族の着物については地域差も大きいので、お互いの家に確認をし、他にも着物を着る人がいれば格が同じになる用に調整する必要があります。

主役の友人として出席する場合は訪問着が華やかで喜ばれます。

訪問着とは襟から肩、袖から身頃、裾全体の柄が縫い目に関わらず繋がったものです。袋帯を利用します。

訪問着の中には紬という生地ので仕立てられたものがありますが、それらは冠婚葬祭には使えないオシャレ着なので、注意が必要です。

着物の種類で詳しくご紹介していますのでこちらもご覧ください。